rthef’s blog

日々生活していく中で「心が揺れた」瞬間を文字にしています。

水曜日のダウンタウン衝撃の神回!ラヴィット生放送で"あのちゃん”への遠隔操作検証で感じた笑いと感動!

正直ここ最近のバラエティ番組は

 

言葉に出してしまうくらい

 

「つまらない」

 

という感情だった。

 

 

毎週必ず声を出して笑っていた

 

アメトーーク

もほとんど笑わなくなってしまい、

 

ロンドンハーツ

に関しては、録画されたものをタイトルだけで削除する回数も増えていった。

 

 

そして、民放に見切りをつけ

 

「チャンスの時間」見たさにabemaを契約した。

 

 

そんな矢先、個人的には最近面白い検証ないなと思って見ていた

 

水曜日のダウンタウン

 

を録画でおもむろに見だした。

 

 

そこに、一昔前のテレビの輝きがあった。

 

忘れていた

 

「大声で笑う」

 

という輝きがあった。

 

 

その検証内容が、

 

『ラヴィット!』の女性ゲストを大喜利芸人軍団が遠隔操作すれば、レギュラーメンバーより笑い取れる説

 

だった。

 

 

さらにそれを支える黒幕の芸人が

 

くっきー!(野性爆弾

春日俊彰(オードリー)

粗品霜降り明星

西田幸治笑い飯) 

 

という、泣く子も黙る大喜利オールスターだ。

 

 

検証結果は、レギュラーメンバーが霞むくらい最高に面白い大喜利で立証された。

 

 

この番組を見てて、ただ面白くて笑ったという感情だけではない、別の感情が心にはあった。

 

それは、

 

「感動」

 

だった。

 

 

生放送の大喜利で絶対に外せない環境で、自分の力を一気に吐き出し結果を残すプロの芸人の姿。

 

そして、感動を誘った一番強い要素があった。

 

それは、生放送で一発に賭けるM-1でもなければ、大喜利番組で有名なIPPONグランプリでも味わうことのできない感動の類。

 

その気持ちはどこから来ているのかしばらく考えていると、ようやく答えにたどり着いた。

 

それがこちら

 

--------------

 

大喜利番組では敵になるはずの芸人が、チームとして力を合わせて笑わせにいっている

 

--------------

 

という姿に一番感動したのだ。

 

 

それは、ドラえもんの映画に強くシンクロする。

 

いつもはのび太をイジメるジャイアンが、映画では味方になり協力する。

 

 

あの感動なのだ。

 

オリンピックのリレーにも通じる。

 

 

いつもは敵なはずの人達が協力するって、強い感動を引き起こす。

 

 

 

ラヴィット生放送が始まる前に

 

粗品:めっちゃ緊張する

千原ジュニア:緊張するなあ!

 

というやり取りにチームとして取りにいかなければいけないというプレッシャーを感じている本心をのぞかせていた。

 

 

生放送一発勝負。しかもどのような問題が来るかわからない。

 

その緊張感が生んだ感情のやり取りなのだと思う。

 

 

 

やっぱり職業は関係ない。

 

どのような姿勢で取り組むかなのだ。

 

その姿勢とは、

 

「本気」

 

な姿だ。

 

 

 

自分自身にやる気がみなぎるいい番組を見た!

 

 

この感情は、水曜日のダウンタウンで過去にも味わったことがあるのだ。

 

その記事はこちらを参照してほしい。

 

rthef.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“おじさん、ありがとう ~ショウとタクマと熱血和尚~” この和尚が教えてくれた子供との接し方で最も重要なこと!

ザ・ノンフィクション

 

この番組もよく見ている。

 

何やら今回は

2020年 日本民間放送連盟

テレビ教養番組 最優秀賞作品

を受賞したストーリーらしい。

 

非行や登校拒否など、道を外した若者を無償で預かるお寺の和尚がいるというのだ。

 

その和尚が子供と接する時に大事にしている姿勢が垣間見えた

 

それは

 

-----

 

守る

 

-----

 

という姿勢だ。

 

 

時には寺の子供をいじめた人を呼び出し話をつける。

 

時には担任の先生を叱る。

 

 

寺の子供は、愛され守られるということを受けて来なかった人がほとんどだ。

 

逆に言えば、愛し守ることができれば子供は道をそらすことはないということだ。

 

現代社会は、いろいろな問題が複雑に絡み合い一言でそのようなことは言えないが、

その姿勢があれば、大方の問題は片付くはずだ。

 

 

また、和尚の信念がある

 

-----

 

逃げれば追いかけてくる

 

-----

 

逃げても問題は解決しない

 

ということを伝える良い言葉だ。

 

 

逃げずに向き合おう!

 

 

 

yurinasiaの本質を突く言葉に目から鱗が落ちる!

関ジャムは今最も好きな番組だ。

 

 

今回は振付師が特集された回だった。

 

 

そこに現れたyurinasiaという女性がふと発した言葉に感動をしてしまった

 

それがこちら

 

------

 

(ご自身で海外にダンス留学の経験は?という質問に対して)

 

一応、二十歳の時に2ヶ月ほどニューヨークの方に。

 

いろんな人と話したり、

会ったり・・・

 

ま、でもそれって日本でも一緒だなって

 

自分次第だなって

 

------

 

 

生きていると、周りの環境だったり人だったり、自分以外のせいにしようとする性質が人間にはある。

 

やっぱり違ったんだ。

 

自分次第

 

自分を変えれば何でもできるということだ。

 

 

ということは、言い訳はできないということになる。

 

 

思い出そう。

 

 

言い訳をしそうになったら

 

それは、自分のせいだと。

 

 

7つの習慣という本でも言っていた

 

 

主体的に生きよう

 

と。

 

 

全ては自分の責任

 

自分次第なのだ。

 

 

何でもできると考えると、自由な気持ちになる!

 

 

 

エベレストで3回死にかけた野口健!その経験が教えてくれた人生の教訓が心に響く!

エベレスト登山は時折エピソードとしてテレビ番組で特集される。

 

それだけ、過酷な挑戦なのだろう。

 

命をかけた壮絶な挑戦なのだろう。

 

 

死亡事故も多数報道されていたりもする。

 

 

しくじり先生はよく見る番組の一つだが、今回は登山家

 

野口健

 

が登壇をしていた。

 

 

この番組の最後にその経験から人生の教訓をいうのだが、野口健の教訓がシンプルでありかなり説得力があった。

 

それがこちら

 

---------------

 

人生トータルで考えればいい

 

人生晩年に振り返った時に51%成功であれば十分

 

よく講演会で

「どうしたら効率よく成功できますか?」

という質問が多くある

 

最短距離で一気に掴むってのはみんな憧れるし、実際にそのような本が売れている

 

しかし、一気に掴んだものは崩れるのも早い

 

コツコツのコツのさらにコツを

どれだけ大切にするか

 

小さいことを馬鹿にすると(僕たちの場合は)命を奪われる

 

人間は基本を忘れがち

 

あとは謙虚な気持ち

 

どこかで、「俺すげーかも」「俺つえーかも」

となった時が落とし穴

 

---------------

 

 

コツコツのコツのさらにコツ

 

日頃の小さいことに対しての

「まあいーか」

と思った瞬間に、その気持ちを打ち消す努力

 

これが、未来の自分または環境を作り出していくのだと改めて思った。

 

 

一瞬にして掴んだものは、一瞬で崩れる

 

この言葉もかなり深みがある。

 

 

満足はつまらない

 

とよくプロフェッショナル仕事の流儀に出演する人たちも口を揃えていう。

 

 

一瞬で掴めるということは、かなり大きな割合で運が占めているということなのだろう。

 

運で掴んだものは、周りの状況や人が変わった時に応用が効かないということもイメージが湧く。

 

 

やはり、基本を忘れず地道にコツコツ積み重ねて掴んだものはそう簡単には離れていかない。

 

 

結局、人間はそこに行き着くのだと今回の野口健の言葉で思った。

 

 

まずは、朝の元気な挨拶からということだな!

 

 

 

 

 

 

 

 

これがマーケティングだ!販売のプロが伝えた小さくも本質であること!

またまたプロフェッショナルを見ていた。

 

今回は販売のプロだ。

 

 

スーパーなどでヤクルトの試飲を今までできていたが、コロナの影響でそれができなくなってしまった。

 

そこで、そのプロが打開策を頼まれた。

 

画面から

「今リモートで繋がってまーす!」

と呼びかけても

まったく人が立ち止まってくれない。

 

 

 

それが、ある一言を付け加えるだけで人が立ち止まってくれるようになった

 

それがこちら

 

 

今「私と」リモートで繋がってまーす!

 

 

「私と」を付け加えたことで人が徐々に立ち止まるようになった。

 

マーケティングとはこういうことだ。

 

 

一瞬画面に映ったホワイトボードには

 

「無料で~をプレゼント」

 

など、ユーザーへ直接的なメリットをにおわせるフレーズが並んでいたが、最終的なきっかけはそこではなかった。

 

 

ユーザーは、不特定多数の人に向けたメッセージより

 

「私に話しかけてくれている」

 

という感覚に敏感なのだ。

 

 

人は言葉を心の奥底の感覚で一瞬で察知する。

 

 

イメージは一瞬なのだ。

 

 

その一瞬のイメージをいかに大きく立体的にさせるかと組み立てていくのがマーケティングだ。

 

 

これは正解ではないと本人は言っていたが、一つのきっかけを見つけたという感じだろう。

 

 

現場は生き物ですとも言っていた。

 

 

まさに。

 

時代も変われば人も変わる

 

 

変化にも柔軟に対応が求められることが必要となってくる。

 

 

人の心を動かすのは難しいからこそ楽しいのだ!

 

 

夜間学校の先生が語る!人間と接する時に一番意識しなければいけないこと!

プロフェッショナル仕事の流儀

 

NHKの超有名番組だ

 

 

色々なプロフェッショナルが特集されているが、今回は

 

夜間学校の先生だった

 

 

自分の境遇などを見てもらえず寂しさから退学した生徒がいた。

 

そこから先生が語った言葉が胸に刺さった。

 

それがこちら

 

-------------

 

一人の人間として

自分を見せるしかないんですよね

 

変にカッコつけるっていうか

先生ぶるっていうか

 

その前に自分はこういう人間なんだ

というところを見せることしかないな

 

それを伝えて、対話を深めていく

 

-------------

 

これはものすごく共感する。

 

全ての人間との関係性は、等身大の自分をそのまま伝えることから始まるのだ。

 

もちろん人間だから虚勢を張ったりカッコつけたくなる。

 

しかし、それでは対話や関係性は進展しないということだ。

 

 

自分自身も人と関わる時に、極力自然体を意識して接するようにしている。

 

その方が関係性が深まるのが早いし、何より自分自身が楽しめるのだ。

 

 

カイジでも言っていた

 

心はゴムまりだよ

押さえつけたら跳ね返す

 

 

 

本当にその通りだ。

 

 

等身大でいい

 

カッコつけなくていい

 

ダサい自分をさらけだせばいい

 

 

この言葉で救われる人はかなり多くいるはずだ!

 

 

向き合って対話をする

 

いい言葉だ!

 

 

ジョーブログでもいいことを言っていたので、こちらを参照してほしい

 

 

rthef.hatenablog.jp

 

なぜオリンピックで金メダルを目指すのか?大橋悠依と大野将平が出したその答えに心が震える!

東京オリンピックが無事に終わった。

 

日本も過去1番のメダル獲得数で終わった。

 

 

「金メダル」

 

 

みんなオリンピックアスリートはその頂点を目指して日々精進をする。

 

 

しかし、冷静に考えてみるとオリンピックは基本的にはアマチュアスポーツだ。

 

 

柔道も水泳もプロリーグは基本存在しない。

 

 

では、なぜあんなに苦しい思いをして金メダルを目指すのか。

 

 

少し疑問に思い考えてしまった。

 

 

野球やサッカーは実績を出せば給料として跳ね返ってくる。

 

 

オリンピックで金メダルを取っても、多少の報奨金はあっても給料という面での跳ね返りはほぼない。

 

 

その疑問を払拭する言葉を二人のアスリートが語ってくれた。

 

それがこちら

 

 

------------

 

なんのために稽古をやっているんだろうと

自問自答する日々でした

 

この大会もやはり

自分は何者なのかと

確かめるために

証明するために戦ってました

 

大野将平

 

------------

 

金メダルが欲しいとか

強い自分を証明したいとか

全くなくて

 

ただ、ここまで苦しんで、自分がしてきたことを

救ってあげたいという気持ちだけでした

 

大橋悠依

 

------------

 

 

やはり、みんな

 

なんのために?

 

という気持ちを少なからず抱えながら練習を重ねているのだ。

 

 

普通に仕事していても、ふと考えることがあるのだから、

アスリートのように極限まで自分を追い込む生活ならなおさらだ。

 

 

「自分を救ってあげたい」

 

この気持ちは正直な気持ちだろう。

 

 

自分がしてきたことに意味を持たせたいということか。

 

 

自分自身も曲を作り続けるのはなぜか?

 

と問われたら、

 

好きな曲を一生聴いて興奮し続けるため

 

ということになる。

 

 

外側ではなく内側に気持ちが向いているのだ。

 

 

戦う理由は人様々だ。

 

堀口恭司は、勝って喜んでくれる周りの人のため

 

と言っている。

 

 

全てに共通するのは、自分が行なっていることに真摯に向き合っているということだ!

 

 

目標を持って進むことは人間の活力になる!

 

 

その他、オリンピック関連の記事は下記を参照してほしい

 

 

rthef.hatenablog.jp

 

rthef.hatenablog.jp

 

 

rthef.hatenablog.jp